電気事故検出方法

開放特許情報番号
L2009003635
開放特許情報登録日
2009/5/22
最新更新日
2009/5/22

基本情報

出願番号 特願2006-198855
出願日 2006/7/21
出願人 株式会社日立製作所
公開番号 特開2006-345689
公開日 2006/12/21
登録番号 特許第4058741号
特許権者 株式会社日立製作所
発明の名称 電気事故検出方法
技術分野 電気・電子
機能 検査・検出
適用製品 電気事故検出システム
目的 本発明の目的は、既に運用されている定格外周波数領域を以ってしてもカバーできない低周波数領域の運用範囲における事故発生時の電気事故検出・保護方法を提供することにある。
効果 本発明によれば、既に電気系統に運用されている定格周波数領域若しくは近来のデジタル技術を以ってしてもカバーできない低周波数領域の運用範囲における電気事故を検出することができると共に、その検出を容易かつ確実に行うことができる。また、本発明の電気事故検出方法を従来の保護継電器システムに付加することにより、定格周波数領域以外の電気事故に対する保護機能の向上と高信頼性を図ることができる。
技術概要
 
本発明は、サイリスタ始動装置1、発電機2、励磁変圧器3からなる電気系統において、発電機の速度上昇(低周波数領域)(遮断器4、断路器5共に開)時間t0の時刻t1に、励磁変圧器の2次側に電気事故が発生した場合、励磁変圧器に流入する電流iはほぼ零の値から急上昇し、I1はI2+iと増加する一方、発電機に与える電流I2は減少し、発電機電圧の低下、発電機回転数の低下に到る。従って、発電機速度上昇率(U)は点10から点11の方向に逸脱する現象となる。この発電機速度上昇率(U)がサイリスタ始動装置1の制御設定指
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 特許通常実施権の許諾(非独占)

登録者情報

登録者名称 株式会社日立製作所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT