高湿分ガスタ−ビンシステム

開放特許情報番号
L2009003567
開放特許情報登録日
2009/5/22
最新更新日
2009/6/26

基本情報

出願番号 特願2001-189163
出願日 2001/6/22
出願人 株式会社日立製作所
公開番号 特開2003-003861
公開日 2003/1/8
登録番号 特許第4020601号
特許権者 株式会社日立製作所
発明の名称 高湿分ガスタービンシステム
技術分野 機械・加工
機能 その他
適用製品 高湿分ガスタ−ビンシステム
目的 本発明の目的は、設置場所の自由度が大きく、増湿塔の重量を低減できる高湿分ガスタービンシステムを提供することにある。
効果 本発明によれば、高湿分ガスタービンシステムの設置場所の自由度が大きくし、増湿塔の重量を低減することができ、また、高湿分ガスタービンシステムの起動停止時に、安定した燃焼状態を得られるとともに、次回の起動に備えることができる。また、高湿分ガスタービンシステムの設置場所の自由度をさらに大きくすることができる。
技術概要
 
本発明は、増湿塔5によって、空気もしくは空気を主体とするガスを加熱された液相水と接触させ、高温の空気と液相水蒸気の混合物と低温の液相水を製造する。空気と水蒸気の混合物および低温液相水により、ガスタービン排ガスの熱回収と、圧縮機内空気の冷却または圧縮機吐出空気の冷却を行う。増湿塔5の内部は、充填層6,7によって、上下に分割し、分割された各部それぞれに液相水を供給する管路15,16,17,18を備えている。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 特許通常実施権の許諾(非独占)

登録者情報

登録者名称 株式会社日立製作所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT