情報記録方法

開放特許情報番号
L2009003545
開放特許情報登録日
2009/5/22
最新更新日
2009/5/22

基本情報

出願番号 特願2000-154364
出願日 2000/5/22
出願人 株式会社日立製作所
公開番号 特開2001-331941
公開日 2001/11/30
登録番号 特許第4006924号
特許権者 株式会社日立製作所
発明の名称 情報記録方法
技術分野 情報・通信
機能 その他
適用製品 情報記録システム
目的 本発明の目的は、相変化記録媒体に数万回以上の多数回書換を行った場合においても、記録膜厚が許容範囲を超えて変化した領域を発生させず、延いては再生信号の振幅中心レベル、および再生信号振幅の変化を極力抑制する情報記録方法、情報記録装置、および情報記録媒体を提供することにある。
効果 本発明によれば、ある所定の位置に同一のオリジナルパターンのマーク列を繰り返し記録する必要がある場合においても、あらかじめダミー記録を行うことにより上記オリジナルパターンとは異なるパターンのダミーパターンのマーク列が記録されるため、前述した記録膜厚が変化した領域が発生しにくくなる。さらに本発明の情報記録方法により、セクター全体の平均的な記録膜流動方向を止めることができるため、セクター始終端の再生信号ひずみを抑制することができる。
技術概要
 
本発明は、管理領域等の同一パターンが多数回記録される領域に、オリジナルの情報を記録する前に、記録膜流動を抑制するためのダミーパターンを記録する。記録膜流動方向はマーク長に依存して変化するため、ダミーパターンを単一マーク長からなるパターンとし、記録膜流動方向が異なる複数のダミーパターンを、ランダム、あるいは順番に選択して記録することにより、記録膜流動によるジッター上昇を抑制することが可能となる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 特許通常実施権の許諾(非独占)

登録者情報

登録者名称 株式会社日立製作所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT