プラントシステム,制御装置及び制御方法

開放特許情報番号
L2009003544
開放特許情報登録日
2009/5/22
最新更新日
2009/5/22

基本情報

出願番号 特願2003-361392
出願日 2003/10/22
出願人 株式会社日立製作所
公開番号 特開2005-128663
公開日 2005/5/19
登録番号 特許第4003733号
特許権者 株式会社日立製作所
発明の名称 プラントシステム,制御装置及び制御方法
技術分野 機械・加工
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 プラントシステム制御装置 
目的 本発明の目的は、エッジドロップの精度を悪化させる危険を最小にし、制御ルールの自動調整を行っても悪いルールが連続的に出てくる可能性が有り、その場合、形状はますます悪化してしまうので、その歯止めとして自動調整可否判定手段を有することで、実プラントの状態が許容レベルを超えて悪化するのを防止することにある。
効果 本発明によれば、実際のプロセスにおいて制御ルールの変更をする際に製品精度が悪化した場合に対応でき、制御中に制御ルールを自動的に修正し最適なものとすることが可能となる。
技術概要
 
本発明は、制御ルールを用いて制御を行う制御装置において、制御ルールに基づいて制御した制御結果を評価する評価手段と、制御ルールを変更しながら制御を実施し、評価手段の評価結果に基づいて制御ルールを調整する制御ルール自動調整手段と、制御結果が予め定められた値より悪化した場合に制御ルール自動調整手段の制御ルールの変更を停止させる自動調整可否判定手段を有する制御装置とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 特許通常実施権の許諾(非独占)

登録者情報

登録者名称 株式会社日立製作所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT