超楕円曲線暗号のための演算装置

開放特許情報番号
L2009003538
開放特許情報登録日
2009/5/22
最新更新日
2009/5/22

基本情報

出願番号 特願2002-015320
出願日 2002/1/24
出願人 株式会社日立製作所
公開番号 特開2003-216028
公開日 2003/7/30
登録番号 特許第4001751号
特許権者 株式会社日立製作所
発明の名称 超楕円曲線暗号のための演算装置
技術分野 情報・通信
機能 その他
適用製品 超楕円曲線暗号演算装置
目的 本発明の目的は、種数が2の超楕円曲線暗号方式において、ヤコビ多様体上の任意の元のスカラー倍演算の処理速度を向上させることにある。
効果 本発明によれば、元の加算演算および2倍演算の演算負荷が軽減するため、種数が2の超楕円曲線暗号方式において、ヤコビ多様体上の任意の元のスカラー倍演算の処理速度を向上させることができる。
技術概要
 
本発明は、演算対象であるヤコビ多様体上の元の組に対して演算速度が高速となる演算方法を選択し、特に逆元演算の回数を1回に抑えることにより、スカラー倍演算に必要な加算および2倍演算処理時間の短縮を行なう。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 特許通常実施権の許諾(非独占)

登録者情報

登録者名称 株式会社日立製作所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT