タ−ビン翼

開放特許情報番号
L2009003521
開放特許情報登録日
2009/5/22
最新更新日
2009/6/26

基本情報

出願番号 特願2003-536591
出願日 2001/10/10
出願人 株式会社日立製作所
公開番号 WO2003/033880
公開日 2003/4/24
登録番号 特許第3988723号
特許権者 株式会社日立製作所
発明の名称 タービン翼
技術分野 機械・加工
機能 その他
適用製品 タ−ビン翼
目的 本発明の目的は、翼形損失を低減させることができるを提供することにある。
効果 本発明によれば、翼負圧面曲率を前縁から後縁まで単調減少させることで、翼負圧面圧力を前縁近くで小さくでき、スロート近傍で出口静圧にほぼ等しい値で一様にできるため、逆圧力勾配を小さく抑え、かつ翼1枚当たりの翼負荷を大きくできる。その結果、翼枚数を低減することができ、摩擦損失の原因となる翼表面積と、後縁損失の原因となる翼後縁面積を最小にできる。結果、摩擦損失と後縁損失の和である翼型損失が低減でき、タービン効率が向上することができる。
技術概要
 
本発明は、作動流体によって駆動されるタービンの周方向に複数個配置されるタービン翼において、翼負圧面側の翼面曲率半径の逆数で定義される翼負圧面曲率が、翼の軸方向最上流点で定義される翼前縁から、翼の軸方向最下流点で定義される翼後縁にかけて単調減少するように形成したことを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 特許通常実施権の許諾(非独占)

登録者情報

登録者名称 株式会社日立製作所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT