ガスタ−ビン静翼の補修方法

開放特許情報番号
L2009003499
開放特許情報登録日
2009/5/22
最新更新日
2009/6/26

基本情報

出願番号 特願2000-017574
出願日 2000/1/26
出願人 株式会社日立製作所
公開番号 特開2001-207803
公開日 2001/8/3
登録番号 特許第3977976号
特許権者 株式会社日立製作所
発明の名称 ガスタービン静翼の補修方法
技術分野 機械・加工
機能 その他
適用製品 ガスタ−ビン静翼
目的 本発明の目的は、熱応力の低減化に有効なガスタービン静翼の補修方法を提供することにある。
効果 本発明によれば、簡単な構成で熱応力の低減が得られるので、ガスタービン静翼の長寿命化が可能になり、ガスタービンシステムの信頼性の向上と共に、メンテナンスコストの低減を充分に図ることができる。
技術概要
 
本発明は、図1(a)に示すように、シュラウド1に亀裂Kが発生した場合、この亀裂Kをそのまま補修するのではなくて、亀裂Kが発生した部位3全体を、矢印しで示すように、シュラウド1から切り取り、予備品4で置き換え、溶接部分Wで接合して補修するようにしたもの。ここで、この予備品4は、予めガスタービン静翼で亀裂が発生する頻度の高い部位を求めておき、その部位と同形状の部材として用意してあるものである。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 特許通常実施権の許諾(非独占)

登録者情報

登録者名称 株式会社日立製作所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT