冷却液タンク

開放特許情報番号
L2009003468
開放特許情報登録日
2009/5/22
最新更新日
2009/5/22

基本情報

出願番号 特願2002-032664
出願日 2002/2/8
出願人 株式会社日立製作所
公開番号 特開2003-233442
公開日 2003/8/22
登録番号 特許第3961844号
特許権者 株式会社日立製作所
発明の名称 冷却液タンク
技術分野 機械・加工
機能 加熱・冷却
適用製品 冷却液タンク
目的 本発明の目的は、パーソナルコンピュータの液冷システムへ冷却液を容易に充填、補充又は回収できる冷却液タンク、並びに冷却液の充填・補充・回収機構の提供することにある。
効果 本発明によれば、冷却液タンクの容器の内部を各部屋に仕切り、各部屋を弁で接続することにより、液冷システムへの冷却液の充填・補充を容易に行うことができる。また、冷却液充填・回収機器を使用することで、液冷システムに冷却液を容易に充填・回収ができる。また、冷却液タンクに補充システムを備えることで、液冷システムを搭載した装置を使用者あるいは作業者が、容易に冷却液の補充を行えることができる。
技術概要
 
本発明は、冷却液タンクの容器の内部を板7により、部屋8と部屋9に仕切り、各部屋を弁10で接続する。部屋8の充填口14より、注射器等で圧力をかけて冷却液を注入する。弁10は圧力で閉じた状態となり部屋9には冷却液6が入らないようになる。これにより、部屋8から冷却液6を注入すると液冷システム系内部の空気を部屋9に押し出しながら冷却液6を充填することができる。部屋9に押し出された空気は開口部15より外部に排出される。冷却液6が弁10の上まで満たされると、冷却液6の水圧により弁10が開き、冷却液の循環が可能になる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 特許通常実施権の許諾(非独占)

登録者情報

登録者名称 株式会社日立製作所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT