無線通信機の無線通信方法、無線通信システムの無線通信方法、無線通信システム及び無線通信機

開放特許情報番号
L2009003445
開放特許情報登録日
2009/5/22
最新更新日
2009/5/22

基本情報

出願番号 特願2002-225485
出願日 2002/8/2
出願人 株式会社日立製作所
公開番号 特開2004-072203
公開日 2004/3/4
登録番号 特許第3948367号
特許権者 株式会社日立製作所
発明の名称 無線通信機の無線通信方法、無線通信システムの無線通信方法、無線通信システム及び無線通信機
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 無線通信機 無線通信システム
目的 本発明の目的は、比較的短周期の伝搬路利得変動が発生した場合においても、平均送信電力の増加を防止しながら所望の受信品質を達成する通信方式を提供することにある。
効果 本発明によれば、所要の送信電力を低下させ相互干渉が低減する。また、本発明によれば通信路容量が増大し、通信可能ビットレートの向上が可能となる。
技術概要
 
本発明は、伝搬路利得が低下したときに送信電力減少させ、伝搬路利得が増大したときに送信電力を増加させるように送信電力を制御し、送信電力を減少させたことによるデータ欠落を誤り訂正で救済する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 特許通常実施権の許諾(非独占)

登録者情報

登録者名称 株式会社日立製作所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT