インバータ装置およびこれを用いた車両

開放特許情報番号
L2009003421
開放特許情報登録日
2009/5/22
最新更新日
2009/5/22

基本情報

出願番号 特願2003-421973
出願日 2003/12/19
出願人 株式会社日立製作所
公開番号 特開2005-184977
公開日 2005/7/7
登録番号 特許第3933627号
特許権者 株式会社日立製作所
発明の名称 インバータ装置およびこれを用いた車両
技術分野 輸送
機能 その他
適用製品 インバ−タ装置 車両
目的 本発明の目的は、ノイズ信号が多い環境や環境温度が大幅に変動したり、冷却性能が環境状況で変動する場合でも、インバータの異常発熱を正確に検出できるインバータ装置およびこれを用いた車両を提供することにある。
効果 本発明によれば、イズ信号が多い環境や環境温度が大幅に変動したり、冷却性能が環境状況で変動する場合でも、インバータの異常発熱を正確に検出できる。
技術概要
 
本発明は、異常検知部144の温度算出回路144Bは、外気温センサ150の出力値と、インバータ装置外から入力される温度計算パラメータにより、モジュール下温度センサ152が配置された位置の温度Tcalを算出する。近似線算出回路144Dは、温度算出値とモジュール下温度センサ152によって検出された実際の温度値Trealとの差分値の近似曲線を求めて、温度差の傾向を定期的なサンプリングで把握する。異常判定回路144Eは、あらかじめ求めた初期傾向からの差分または傾向の変化から異常判定する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 特許通常実施権の許諾(非独占)

登録者情報

登録者名称 株式会社日立製作所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT