耐熱鋼とそれを用いたガスタービン及びその各種部材

開放特許情報番号
L2009003404
開放特許情報登録日
2009/5/22
最新更新日
2009/5/22

基本情報

出願番号 特願2003-101401
出願日 2003/4/4
出願人 株式会社日立製作所
公開番号 特開2004-307910
公開日 2004/11/4
登録番号 特許第3921574号
特許権者 株式会社日立製作所
発明の名称 耐熱鋼とそれを用いたガスタービン及びその各種部材
技術分野 機械・加工
機能 材料・素材の製造
適用製品 耐熱鋼 ガスタ−ビン
目的 本発明の目的は、より高温度に対応できる高クリープ破断強度と高温長時間加熱後においても高い靭性を有する耐熱鋼とそれを用いたガスタービン及びその各種部材を提供することにある。
効果 本発明によれば、高効率高温ガスタービンとしてガス温度1300〜1500℃級における特にタービンディスクに要求されるクリープ破断強度及び加熱脆化後の衝撃値が高いものが得られる。さらに、加熱脆化域の高温に晒されるタービンスタッキングボルト、タービンスペーサ、ディスタントピースへの適用も可能である。従って、本発明により、ガスタービン発電プラントの燃焼温度並びに部材温度を上げることができるので、高温部における冷却を少なくできること、更に一方では回転部の軽量化も達成できるので、一層の高効率化が達成される。
技術概要
 
本発明は、重量で、C0.05〜0.30%、Si0.50%以下、Mn0.60%以下、Cr8.0〜13.0%、Ni0.5〜3.0%、Mo1.0〜3.0%、W0.1〜1.5%、Co0.5〜4%、V0.05〜0.35%、NB及びTaの1種又は2種の合計量が0.02〜0.30%、及びN0.02〜0.10%を含み、(Ni量とCo量の差)の2乗で示される値とNi量とが図2の点A(1.0、2.7%)及び点B(2.5、1.0%)の各点を直線で結んで得られる値以下及び{Mo量/(Mo量+0.5W量)}で示される値が0.5以上であるマルテンサイト鋼からなることを特徴とする耐熱鋼にある。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 特許通常実施権の許諾(非独占)

登録者情報

登録者名称 株式会社日立製作所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT