車両用計測制御装置

開放特許情報番号
L2009003403
開放特許情報登録日
2009/5/22
最新更新日
2010/6/4

基本情報

出願番号 特願2002-520197
出願日 2000/8/17
出願人 株式会社日立製作所
公開番号 WO2002/015152
公開日 2002/2/21
登録番号 特許第3920769号
特許権者 日立オートモティブシステムズ株式会社
発明の名称 車両用計測制御装置
技術分野 輸送
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 車両用計測制御装置
目的 本発明の目的は、レーダ装置又は画像処理装置でセンシングを行い、その結果を用いて車両を制御する車両用計測制御装置において、レーダ装置又は画像処理装置が計測又は撮像した時間と、それらの信号を処理した時間との時間差の変動を考慮して、高精度の車両制御が可能な車両用計測制御装置を実現することである。
効果 本発明によれば、これにより、レーダ装置と画像処理装置とが撮像した情報の時刻の順序関係を考慮しながら車両の走行を高精度に制御することができる。また、撮像手段を搭載し、この撮像手段により撮像された情報により、車両の動作を制御する車両用計測制御装置において、上記撮像情報に撮像した時刻情報をも付加するように構成したので、撮像対象が単純な場合と複雑な場合とで、画像処理時間が異なっても、撮像した時刻が判明されるので、それに応じた適切な処理を実行でき、車両の走行を高精度に制御することができる。
技術概要
 
本発明は、車両に搭載され、車両の周囲の状況を撮影する撮像手段と、上記撮像手段からの信号を処理し、当該撮像手段が画像を撮像した時刻情報を付加して出力する第1の処理手段と、電波または光を放射し車両の周囲物体までの距離を計測するレーダ計測手段と、上記レーダ計測手段からの信号を処理し、当該レーダ計測手段が計測した時刻情報を付加して出力する第2の処理手段と、第1の処理手段の出力情報に含まれる時刻情報と、第2の処理手段の出力情報に含まれる時刻情報とに基づいて、出力情報の時間順番を調整するデータ整理手段と、上記データ整理手段により時間順番が調整された、第1の処理手段の出力と第2の処理手段の出力とに基づいて、ブレーキまたはスロットルまたは変速機のうちの少なくとも1つを制御する制御手段とを備えた構成とした。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 特許通常実施権の許諾(非独占)

登録者情報

登録者名称 株式会社日立製作所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT