無線通信方法および無線通信システム

開放特許情報番号
L2009003376
開放特許情報登録日
2009/5/22
最新更新日
2009/5/22

基本情報

出願番号 特願2002-034515
出願日 2002/2/12
出願人 株式会社日立製作所
公開番号 特開2003-235069
公開日 2003/8/22
登録番号 特許第3904462号
特許権者 株式会社日立製作所
発明の名称 無線通信方法および無線通信システム
技術分野 情報・通信
機能 その他
適用製品 無線通信システム
目的 本発明の目的は、無線端末の接続先切替負荷の低減、通信負荷分散、安定接続性の向上を実現し、無線通信システムのスループットを向上させることにある。
効果 本発明によれば、複数の無線基地局、複数の無線端末で構成される無線通信システムにおいて、無線端末のローミング頻度を低減することができ、複数の無線基地局へ通信負荷を分散することができ、無線端末を常に受信強度の高い無線基地局と接続して安定通信することができ、無線通信システムのスループットの向上を実現することができる。
技術概要
 
本発明は、有線ネットワーク300に接続された複数の無線基地局330〜360、有線端末320、サーバ310と、複数の無線端末380、390とを含む無線通信システムにおいて、個々の無線端末を通信可能な複数の無線基地局に登録して同時に接続状態(マルチリンク)としておき、無線端末に対して接続状態にある複数の無線基地局の中から、その時点で負荷がより低く通信状態がより安定な無線基地局を選択して、無線端末との間でのデータ通信を行わせる。個別の固定接続を切り替える際のローミング負荷等を生じることなく、使用する無線基地局の切り替えによる通信負荷の均等化、通信の安定化が実現し、無線通信システム全体のスループットを向上させる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 特許通常実施権の許諾(非独占)

登録者情報

登録者名称 株式会社日立製作所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT