データ通信方法および情報処理装置

開放特許情報番号
L2009003370
開放特許情報登録日
2009/5/22
最新更新日
2009/5/22

基本情報

出願番号 特願2002-284712
出願日 2002/9/30
出願人 株式会社日立製作所
公開番号 特開2004-120667
公開日 2004/4/15
登録番号 特許第3900058号
特許権者 株式会社日立製作所
発明の名称 データ通信方法および情報処理装置
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 デ−タ通信システム 情報処理装置
目的 本発明の目的は、仮想的な計算機への攻撃に対して、安全性の高いものを提供することにある。
効果 本発明によれば、仮想的な計算機への攻撃に対して、安全性の高いデータ通信方法或いは情報処理装置を得ることができる。
技術概要
 
本発明は、第1の計算機から第2の計算機にデータ送信し、第2の計算機から第1の計算機へ、第2の計算機でのデータ受信を確認信号として送信し、第2の計算機から第1の計算機へのデータ送信は制限され、より低層のプロトコルによって、第2の計算機での信号受信の確認をなすように構成した。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 特許通常実施権の許諾(非独占)

登録者情報

登録者名称 株式会社日立製作所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT