映像表示方法、映像表示装置及びそれに用いるコントラスト調整回路

開放特許情報番号
L2009003233
開放特許情報登録日
2009/5/15
最新更新日
2009/5/15

基本情報

出願番号 特願2005-082900
出願日 2005/3/23
出願人 株式会社日立製作所
公開番号 特開2005-250494
公開日 2005/9/15
登録番号 特許第3838259号
特許権者 株式会社日立製作所
発明の名称 映像表示方法、映像表示装置及びそれに用いるコントラスト調整回路
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 映像表示装置  コントラスト調整回路
目的 本発明の目的は、輝度の高い領域においても安定して高いコントラストが得られる映像表示技術の提供することにある。
効果 本発明によれば、平均輝度レベルを検出し、該平均輝度レベルに応じて予め定められた補正量で輝度信号のコントラストゲイン、及び黒補正を制御することで、安定して高いコントラストを得ることができる。映像の色の濃さも改善できる。
技術概要
 
本発明は、デジタル輝度信号の平均輝度レベル情報に基づき、アナログ輝度信号またはデジタル輝度信号に対し、負側へのオフセットによって輝度レベルを下げる黒補正処理と、ダイナミックレンジの範囲内でのコントラストゲインの増大化処理とを行い、輝度の高い側でもコントラスト改善が可能な構成とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 特許通常実施権の許諾(非独占)

登録者情報

登録者名称 株式会社日立製作所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT