重合反応プロセスの温度制御方法及び装置

開放特許情報番号
L2009003213
開放特許情報登録日
2009/5/15
最新更新日
2009/5/15

基本情報

出願番号 特願2002-131372
出願日 2002/5/7
出願人 株式会社日立製作所
公開番号 特開2003-327706
公開日 2003/11/19
登録番号 特許第3831289号
特許権者 株式会社日立製作所
発明の名称 重合反応プロセスの温度制御方法及び装置
技術分野 機械・加工
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 重合反応プロセスの温度制御装置
目的 本発明の目的は、簡単なモデルによる温度予測結果を活用し、かつプロセスの経年変化に対する対策を盛り込んだ、重合反応プロセスの温度制御方法及び装置を提供することにある。
効果 本発明によれば、重合温度プロセスの温度制御を行うにあたり、反応温度変化を予測し、その結果に基づいて冷却温度を適切に補正し、また、反応温度フィードバック制御の投入時期を決定するので、安定した重合反応プロセスの温度制御が可能となる。
技術概要
 
本発明は、制御モデル選択機能100は、簡単なモデルを用いて重合反応プロセス10の反応温度変化を予測し、その結果に基づいて、冷却温度(TC)を適切に補正し、また、反応温度フィードバック制御の投入の判定温度(T1)を決定する。反応温度のオーバーシュート等のばらつきを抑制でき、製品品質を向上できる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 特許通常実施権の許諾(非独占)

登録者情報

登録者名称 株式会社日立製作所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT