水車の制御方法および制御装置

開放特許情報番号
L2009003199
開放特許情報登録日
2009/5/15
最新更新日
2009/5/15

基本情報

出願番号 特願平09-066151
出願日 1997/3/19
出願人 株式会社日立製作所
公開番号 特開平10-259781
公開日 1998/9/29
登録番号 特許第3819519号
特許権者 株式会社日立製作所
発明の名称 水車の制御方法および制御装置
技術分野 機械・加工
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 水車の制御装置
目的 本発明の目的は、水位調整運転や水位差応動運転における水位信号の喪失に対応して、運転を安全かつ安定に継続できる水車制御方法及び装置を提供することにある。
効果 本発明によれば、水位調整運転あるいは水位差応動運転を行っている水力発電所において、水位検出信号が喪失した場合に、その前回値を保持して案内羽根やランナブレードの開度を調整するので、水位信号の急激な変化によるサーボモータの動揺を抑え、安全かつ安定に運転を継続できる効果がある。
技術概要
 
本発明は、水力発電所の上水槽の水位信号を水位保持回路101を経由して取り込み、基準水位や目標水位との偏差を入力として、比例要素104及び積分様相105により案内羽根開度指令を生成する。サーボ駆動装置106は開度指令に応じた位置に案内羽根サーボモータを駆動する。水位検出側のトラブルで水位信号が喪失したとき、水位保持回路101は前回値を保持して以後の案内羽根の開度制御を維持し、水位調整運転を継続する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 特許通常実施権の許諾(非独占)

登録者情報

登録者名称 株式会社日立製作所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT