連動情報抽出方法

開放特許情報番号
L2009003195
開放特許情報登録日
2009/5/15
最新更新日
2009/5/15

基本情報

出願番号 特願2001-277417
出願日 2001/9/13
出願人 株式会社日立製作所
公開番号 特開2003-081090
公開日 2003/3/19
登録番号 特許第3818104号
特許権者 株式会社日立製作所
発明の名称 連動情報抽出方法
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 自動列車運転装置
目的 本発明の目的は、鉄道の連動図表作成時に求められる根気と注意力を軽減し、短時間で正確に連動図表を作れるような支援方法を提供することにある。
効果 本発明によれば、配線略図を描きさえすれば連動ロジックの中核となる進路に関係する情報(軌道回路,転てつ器)を自動的に抽出するので、人間は目・手で配線図をなでて追うという煩雑で根気の要る作業から解放される。また、抽出された情報は、その採用非採用に人間の判断が必要なものと不必要なものとに分類されるため、人間は、判断が必要なことのみに注目し注力することができる。このように、抽出と分別までは完全自動化されるため、すべてを人手で処理するときに比べ連動表の作成・確認に大幅な省力効果がある。
技術概要
 
本発明は、すべて人間がおこなっていた配線略図解釈と連動ロジック生成に代わり、人間と計算機が協調して解釈とロジック生成21を行う。5および6は配線略図から自動的に読み取って生成する進路に関する情報で、そのうち5は人間の判断が関わる必要なく連動表に引き渡せるもの、6は人間の判断を介して連動表に引き渡すもの、と分離する。21の過程では、計算機及び人間の抽出・判断内容を随時可視化13し試行錯誤過程での情報共有を可能にする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 特許通常実施権の許諾(非独占)

登録者情報

登録者名称 株式会社日立製作所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT