スラスト軸受の製造方法

開放特許情報番号
L2009003156
開放特許情報登録日
2009/5/15
最新更新日
2009/5/15

基本情報

出願番号 特願平11-056616
出願日 1999/3/4
出願人 株式会社日立製作所
公開番号 特開2000-249147
公開日 2000/9/12
登録番号 特許第3794192号
特許権者 株式会社日立製作所
発明の名称 スラスト軸受の製造方法
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 スラスト軸受
目的 本発明の目的は、樹脂系摺動材と強度部材の裏金の接合強度を高め、樹脂軸受の信頼性向上図ることにある。
効果 本発明によれば、大荷重を受け、かつ起動・停止の繰り返しの厳しい運転が行われても、裏金と樹脂系摺動部材との接合の際にボイドを未然に防止できるため接合強度を高めることができ、摺動面の損傷や樹脂摺動材の剥離を生ずることがなく、樹脂材の有する潤滑特性を十分に発揮でき、信頼性の高いこの種のスラスト軸受装置を得ることができる。
技術概要
 
本発明は、軸受パッドを構成する強度部材の裏金と、樹脂系摺動部材との間に金属フィルターを介在させ、金属フィルターを固着した裏金を加熱し、樹脂系摺動部材の融点以上に昇温後、金属フィルター上に樹脂系摺動部材を積層し、境界部の溶融した樹脂系摺動部材を金属フィルター気孔部に含浸するまで加圧して結合する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 特許通常実施権の許諾(非独占)

登録者情報

登録者名称 株式会社日立製作所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT