プラント状態監視方法及びプラント監視装置

開放特許情報番号
L2009003138
開放特許情報登録日
2009/5/15
最新更新日
2009/5/15

基本情報

出願番号 特願2003-206156
出願日 2003/8/6
出願人 株式会社日立製作所
公開番号 特開2005-055965
公開日 2005/3/3
登録番号 特許第3888334号
特許権者 株式会社日立製作所
発明の名称 プラント状態監視方法及びプラント監視装置
技術分野 機械・加工
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 プラント状態監視システム プラント監視装置
目的 本発明の目的は、プラント状態を効率的に表示することにある。
効果 本発明によれば、効率的にプラント状態を表示することが可能となる。
技術概要
 
本発明は、例えば配管系統の接続状態などのプラント状態を操作者が監視可能なように表示画面に表示する。その表示画面を3つの領域(好ましくは4つの領域)に分割する。各領域に挾まれた領域を間隙領域として、その間隙領域に、例えば配管系統の接続を強調表示するなどにより、他領域の表示と関係づけられたものを表示する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 特許通常実施権の許諾(非独占)

登録者情報

登録者名称 株式会社日立製作所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT