ゲートウェイ装置、ゲートウェイ装置のアドレス管理方法及びゲートウェイ機能を有するAV機器

開放特許情報番号
L2009003124
開放特許情報登録日
2009/5/15
最新更新日
2009/5/29

基本情報

出願番号 特願2002-050668
出願日 2002/2/27
出願人 株式会社日立製作所
公開番号 特開2003-258825
公開日 2003/9/12
登録番号 特許第3876732号
特許権者 株式会社日立製作所
発明の名称 ゲートウェイ装置、ゲートウェイ装置のアドレス管理方法及びゲートウェイ機能を有するAV機器
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 ゲ−トウエイ装置 ゲ−トウエイ装置 AV機器
目的 本発明の目的は、異なる1394ネットワーク上の機器同士が接続された場合に、1394ネットワーク上の機器に対して複数のゲートウェイ装置が同じIPアドレスを割り当てないようにすることにある。
効果 本発明によれば、IPネットワーク上にゲートウェイ装置が2台以上存在し、それぞれのゲートウェイ装置に1394ネットワークが存在するシステムにおいて、該ゲートウェイ装置は1394ネットワーク上に存在する機器に対して重複することなくIPアドレスを割り当てることができ、さらに経路の二重化を防ぐことができるため、IPネットワーク上の機器から1394ネットワーク上の機器に対して送信するデータの衝突や、経路の二重化により無駄なパケットが通信されるなどの問題を回避することができる。
技術概要
 
本発明は、IPネットワークと1394ネットワークの双方に接続されたゲートウェイ装置が2台以上存在するシステムにおけるゲートウェイ装置において、IPアドレスとノードIDを対応付けるための変換テーブルを設け、新たに追加された機器に対して生成したIPアドレスと同じアドレスを他のゲートウェイ装置が管理していないかを問い合わせし、同じアドレスを管理しているゲートウェイ装置が存在する場合は該IPアドレスを変換テーブルに登録しないようにして、ゲートウェイ装置間で管理するIPアドレスの重複や経路の二重化を容易に防ぐことが可能なシステムを提供する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 特許通常実施権の許諾(非独占)

登録者情報

登録者名称 株式会社日立製作所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT