偏光変換素子及び、それを用いた液晶プロジェクタ装置

開放特許情報番号
L2009003116
開放特許情報登録日
2009/5/15
最新更新日
2009/5/29

基本情報

出願番号 特願2002-207695
出願日 2002/7/17
出願人 株式会社日立製作所
公開番号 特開2004-053703
公開日 2004/2/19
登録番号 特許第3873831号
特許権者 株式会社日立製作所
発明の名称 偏光変換素子及び、それを用いた液晶プロジェクタ装置
技術分野 情報・通信
機能 その他
適用製品 偏光変換素子 液晶プロジエクタ装置
目的 本発明の目的は、偏光変換素子の出射光束自体の偏光度を改善し、コントラスト性能に優れた照明装置、及び、それを用いた投射型プロジェクタ装置を提供することにある。
効果 本発明によれば、ダイクロイック作用を有するクロスプリズムを用いた構成で、且つ、反射型液晶パネルに入射する前の偏光状態と、反射型液晶パネルで反射後のON光束の偏光状態が同じ偏光状態を実現し、よって、小型・軽量で低コストな照明装置、及び、それを用いた投射型プロジェクタ装置を得ることができる。
技術概要
 
本発明は、光束を第1の直線偏光と第1の直線偏光の偏光方向に直交する第2の直線偏光に分離する偏光分離面と、偏光分離面で反射した一方の直線偏光を他方の直線偏光と同じ向きに出射する反射面と、同一方向に出射した一方の直線偏光の出射面に偏光方向を他方の直線偏光の偏光方向にそろえる偏光回転手段を有し、偏光方向を同一とした2種類の直線偏光の偏光変換素子の出射面に、2種類の光束の境の光路を遮蔽する出射遮光板を配置する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 特許通常実施権の許諾(非独占)

登録者情報

登録者名称 株式会社日立製作所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT