塑性流動結合体とその結合方法

開放特許情報番号
L2009003098
開放特許情報登録日
2009/5/15
最新更新日
2010/6/4

基本情報

出願番号 特願2002-292794
出願日 2002/10/4
出願人 株式会社日立製作所
公開番号 特開2004-122209
公開日 2004/4/22
登録番号 特許第3868361号
特許権者 日立オートモティブシステムズ株式会社
発明の名称 塑性流動結合体とその結合方法
技術分野 機械・加工
機能 その他
適用製品 塑性流動結合体
目的 本発明の目的は、結合強度が高く、高精度で、コンタミの発生がなく、低コストの塑性流動結合方法を提供することにある。
効果 本発明によれば、薄肉のハブと小径のシャフトの結合でも曲がりやコンタミの発生がなく十分な強度と精度を得ることができる。また、結合前の嵌合精度が圧入に比較してラフでよく安価な設備で生産性が高く、製造コストの低減を図ることができる。
技術概要
 
本発明は、回転円盤である結合部材2と回転軸である被結合部材1とを一体に結合して回転する装置に使用される結合部材と被結合部材の結合方法であって、被結合部材1に前記結合部材2を嵌合し、予備結合パンチによって予備塑性結合する第1の工程と、第1の工程で予備塑性結合した後、結合部材2の嵌合部近傍に被結合部材1の軸方向の圧縮力を発生させて、結合部材2の材料の一部を結合部材2と被結合部材1との隙間を埋めるように塑性流動させて被結合部材に塑性結合する第2の工程とからなり、結合部材2と被結合部材1とを締結して一体化する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 特許通常実施権の許諾(非独占)

登録者情報

登録者名称 株式会社日立製作所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT