背面投射型デイスプレイ装置

開放特許情報番号
L2009003092
開放特許情報登録日
2009/5/15
最新更新日
2009/5/15

基本情報

出願番号 特願2000-376568
出願日 2000/12/6
出願人 株式会社日立製作所
公開番号 特開2002-174853
公開日 2002/6/21
登録番号 特許第3864699号
特許権者 株式会社日立製作所
発明の名称 背面投射型デイスプレイ装置
技術分野 情報・通信
機能 その他
適用製品 背面投射型デイスプレイ装置
目的 本発明の目的は、一対の集光作用を有する凹面鏡と発散作用を有する凸面鏡を、表示光学ユニットから背面反射ミラーへの光路上に配置することにより、背面投射型ディスプレイ装置の奥行を薄くすることにある。
効果 本発明によれば、一対の集光作用を有する凹面鏡と発散作用を有する凸面鏡を、表示光学ユニットから背面反射ミラーへの光路上に配置することにより、背面投射型ディスプレイ装置の奥行を薄くすることができる。さらに、表示パネルを投射レンズの光軸に対して垂直な面内で光軸からずらすことにより、奥行を薄くしながら高さも低くすることができる背面投射型ディスプレイ装置を実現できる。
技術概要
 
本発明は、一対の集光作用を有する凹面鏡と拡散作用を有する凸面鏡を、表示光学ユニットから背面反射ミラーへの光路上に、表示光学ユニット側から凹面鏡、凸面鏡の順で配置する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 特許通常実施権の許諾(非独占)

登録者情報

登録者名称 株式会社日立製作所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT