ガスタービン動翼の補修方法およびガスタービン動翼構造

開放特許情報番号
L2009003072
開放特許情報登録日
2009/5/15
最新更新日
2009/5/29

基本情報

出願番号 特願2003-138180
出願日 2003/5/16
出願人 株式会社日立製作所
公開番号 特開2004-340044
公開日 2004/12/2
登録番号 特許第3855963号
特許権者 株式会社日立製作所
発明の名称 ガスタービン動翼の補修方法およびガスタービン動翼構造
技術分野 機械・加工
機能 その他
適用製品 ガスタ−ビン ガスタ−ビン動翼
目的 本発明の目的は、ガスタービン動翼において、き裂などの損傷部の補修を容易とするガスタービン動翼補修方法を提供することにある。
効果 本発明によれば、ガスタービン動翼は、翼部4とタービンホイール外周に加工された植込み溝へ嵌合されるファーツリー部5、隣接するガスタービン動翼と互いに嵌合することにより外周側で拘束される凹凸部8を有するシュラウドカバー7から構成され、シュラウド凹凸部8の凹部6に発生したき裂9、91の近傍部分を円弧状10にタービン動翼高さ方向に沿って上方より除去することで、補修交換を容易とすることを特徴とするガスタービン動翼補修方法およびこの補修に伴ってのガスタービン動翼構造の提供が可能となる。
技術概要
 
本発明は、翼部4とタービンホイール外周に加工された植込み溝へ嵌合されるファーツリー部5から構成される。また本発明のガスタービン動翼には、外周に凹凸部8を有するシュラウドカバー7が設けられ、凹凸部8が隣接する動翼と互いに嵌合することにより外周側で拘束される。シュラウドカバー7の凹凸部8の凹部6に発生したき裂9の近傍部分をガスタービン動翼高さ方向に沿って上方より円弧状(円形状)10に除去することで、補修を容易とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 特許通常実施権の許諾(非独占)

登録者情報

登録者名称 株式会社日立製作所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT