硫化鉄リチウム複合体の製造方法

開放特許情報番号
L2009003005
開放特許情報登録日
2009/5/8
最新更新日
2018/1/8

基本情報

出願番号 特願2010-547465
出願日 2010/1/13
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 WO2010/084808
公開日 2010/7/29
登録番号 特許第5403632号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 硫化鉄リチウム複合体の製造方法
技術分野 無機材料
機能 機械・部品の製造
適用製品 携帯電子機器、ハイブリッド車、二次電池、リチウム電池
目的 その主な目的は、Li↓3Fe↓2S↓4、Li↓(2.33)Fe↓(0.67)S↓2等のリチウム含有金属硫化物又はこれらを含む複合体を、短時間で簡便に効率良く作製できる方法の提供。
効果 Li↓3Fe↓2S↓4及びLi↓(2.33)Fe↓(0.67)S↓2のいずれか一方又は両方を50モル%以上含有する硫化鉄リチウム複合体を、比較的簡単な方法によって、短時間に効率良く製造することができる。本技術の方法により得られる硫化鉄リチウム複合体は、ベースとなる硫化鉄系の有する高い充放電容量を維持した上で、サイクル特性が改善されたものであり、例えば、リチウム二次電池の正極材料として使用する場合に、高い理論容量と良好なサイクル性能を有する材料となる。
技術概要
この技術は、硫黄含有化合物、鉄含有化合物及びリチウム含有化合物からなる原料を、水分を含まない非酸化性雰囲気下において、通電焼結法によって熱処理することを特徴とする、Li↓3Fe↓2S↓4及びLi↓(2.33)Fe↓(0.67)S↓2のいずれか一方又は両方を50モル%以上含む硫化鉄リチウム複合体の製造方法、並びに該方法で得られた硫化鉄リチウム複合体からなるリチウム二次電池用正極活物質を提供するものである。本技術の製造方法によれば、Li↓3Fe↓2S↓4、Li↓(2.33)Fe↓(0.67)S↓2等のリチウム含有金属硫化物又はこれらを含む複合体を、短時間で簡便に効率良く製造することができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT