ヒト心筋前駆細胞の選別方法

開放特許情報番号
L2009002993
開放特許情報登録日
2009/5/8
最新更新日
2010/8/27

基本情報

出願番号 特願2009-002932
出願日 2009/1/8
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2010-158206
公開日 2010/7/22
発明の名称 ヒト心筋前駆細胞の選別方法
技術分野 食品・バイオ、有機材料
機能 材料・素材の製造、検査・検出、安全・福祉対策
適用製品 簡便な操作で得られ、ヒト幹細胞、心疾患の移植治療用組成物等の分野で広く利用される。
目的 従来の不十分なヒト心筋前駆細胞の選別方法に代わる、心筋に分化する能力を持つヒト心筋前駆細胞をより的確に選別するための高効率な分離方法を提供する。
効果 ヒト組織幹細胞の中で心筋に分化しやすい心筋前駆細胞特異的マーカーが見出されたことで、マーカーを指標にして心再生に適した間葉系幹細胞を臨床現場においても容易に選別、分離が可能となり、幹細胞の心再生における治療効果を安定して最大限に引き出すことができる基礎技術が得られる。
技術概要
ヒト幹細胞を含有する細胞集団に対して、N−カドヘリンの発現を解析することにより、ヒト心筋細胞分化能の判定を行う。尚、ヒト幹細胞がヒト間葉系組織幹細胞であり、ヒト幹細胞を含有する細胞集団が、あらかじめ心筋前駆細胞を含む中胚葉系細胞に分化誘導されたものである。また、N−カドヘリンの発現を解析する工程が、N−カドヘリンに特異的親和性を有する物質を用いて行われ、N−カドヘリンに特異的親和性を有する物質が抗N−カドヘリン抗体であり、抗N−カドヘリン抗体を含む、ヒト心筋細胞分化能判定用試薬を作製する。また、ヒト心筋細胞分化能の高いヒト心筋前駆細胞が濃縮された細胞集団を有効成分として含む、心疾患の移植治療用組成物を製造する。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT