移動トイレシステム

開放特許情報番号
L2009002957
開放特許情報登録日
2009/5/8
最新更新日
2015/9/28

基本情報

出願番号 特願2008-309264
出願日 2008/12/4
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2010-131145
公開日 2010/6/17
登録番号 特許第5164166号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 移動トイレシステム
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造、安全・福祉対策
適用製品 移動トイレシステム
目的 車いす利用者が排泄を行うに際して、利用者自身、及び介護者にとって、容易に且つ安全に全ての動作を行うことができ、介護者にとって負担を少なくすることができる移動トイレシステムの提供を目的とする。
効果 車いす利用者が排泄を行うに際して、容易に且つ安全に全ての動作を行うことができるようになる。特に、車いすの利用者が介護の必要がある人の場合、介護者にとっても介護負担を軽減することができる。
技術概要
トイレルーム内の所定位置と待機位置との間を走行する走行装置および便器を備えた移動トイレと、トイレルーム内の所定位置と待機位置との間を走行する走行装置を備え、車いすを載せて走行する走行台車とを備える。 1.車いす使用者(利用者)がトイレルーム内に入るとき、トイレルーム内で自由に移動可能な走行台車が所定位置で待機している。 2.利用者または介護者は、車いすの前輪は走行台車上を通り越して、駆動輪を走行台車上に載せる。 3.この位置で利用者が足乗せ台から足を外してその位置で立つ。その際必要に応じ利用者は手すり等を利用して立ち、排泄の準備をする。 4.そのとき走行台車が空の車いすを載せて後退して出入口で待機する。 5.トイレルーム内の隅に待機していた移動トイレが所定位置に、便器使用可能状態で移動して停止する。 6.利用者は便座に座り排泄を行い、終了後に立つ。 7.移動トイレが元のトイレルーム内の隅に移動する。 8.代わりに空の車いすを載せて待機していた走行台車が所定位置に走行して停止する。 9.利用者は衣服を整えた後そのまま車いすに着座する。 10.利用者は車いすを走行台車から全て降ろし、トイレルームから出る。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT