ガス拡散電極

開放特許情報番号
L2009002942
開放特許情報登録日
2009/5/8
最新更新日
2009/5/8

基本情報

出願番号 特願2006-316363
出願日 2006/11/22
出願人 国立大学法人山梨大学
公開番号 特開2008-127661
公開日 2008/6/5
発明の名称 ガス拡散電極
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 ガス拡散電極
目的 ガス拡散電極とその背面の集電体との間の接触抵抗を、両者の間に大きな圧力をかけることなく、かつ高価な銀をほとんど使用することなく、低下させる手段を提供する。また、カーボンブラックとPTFEから構成されたガス供給層であって、加圧成形によらず強度の高いガス供給層膜を製造する手段を提供する。とくに、背面の集電体との接触抵抗が小さくかつ強度の高いガス供給層膜を、加熱加圧成形によらず製造する手段を提供する。
効果 ガス拡散電極とその背面の集電体との間の接触抵抗を、両者の間に大きな圧力をかけることなく、かつ高価な銀をほとんど使用することなく、低下させることが可能となる。このガス供給層は、その構造上大きな圧力をかけられない食塩電解槽の酸素陰極に使用するのにとくに好適である。また、カーボンブラックとPTFEから構成されたガス供給層において、加圧成形によらず、背面の集電体との接触抵抗が小さくかつ強度の高いガス供給層膜を製造することが可能になる。これにより、燃料電池等の製造コストを大幅に低減することができる。
技術概要
図1は、ガス拡散電極の製造方法を示す説明図である。まず図1(a)に示すように、金属トレイ1の底にカーボンペーパー2(市販品を用いることができる)を敷く。次いで図1(b)に示すように、これにカーボンブラックとフッ素樹脂微粒子から構成されたガス供給層の濃厚分散液3を注ぐ。濃厚分散液3の浸透が十分進んだ後に、必要に応じて加温して、濃厚分散液3中の溶媒成分を蒸発させる。次いで、金属トレイ1をフッ素樹脂の融点以上に加熱し、フッ素樹脂とカーボンブラック及びカーボンペーパーを一体に融着させて、ガス供給層4を形成する(図1(c))。次いで、このガス供給層4を冷却した後、トレイから取り出して(図1(d))、食塩電解や燃料電池のガス供給層として使用する。なお、濃厚分散液3中に、触媒として銀粉を添加すれば、反応層とガス供給層が一体となったガス拡散電極を得ることができる。図2は、ガス拡散電極の製造方法の他の例を示す説明図である。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT