ショ糖ストレスもしくは冷凍ストレスまたはその双方に対して耐性の酵母を製造するための核酸カセット、その製造方法、および得られる酵母

開放特許情報番号
L2009002868
開放特許情報登録日
2009/4/24
最新更新日
2015/8/3

基本情報

出願番号 特願2008-220525
出願日 2008/8/28
出願人 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
公開番号 特開2009-072187
公開日 2009/4/9
登録番号 特許第5682866号
特許権者 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
発明の名称 優れたストレス耐性を有する酵母の分子育種法及び遺伝子改変酵母
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造、食品・飲料の製造、加熱・冷却
適用製品 ストレス耐性を有する遺伝子改変酵母を製造するための核酸カセット、ストレス耐性の酵母を製造する方法、拡散カセットを含む酵母、酵母を含む食品またはその材料(パン生地・パン、菓子類、日本酒、ビール・発泡酒、ワイン、焼酎・泡盛、醤油、みそ、酢、発酵乳、漬物)
目的 優れたストレス耐性を有する遺伝子改変酵母を製造するための核酸カセットとその製造方法、およびその核酸カセットを使用して得られる遺伝子改変酵母を提供する。
効果 本発明によれば、ショ糖ストレスもしくは冷凍ストレスまたはその双方に対して耐性を有する遺伝子改変酵母を製造するための核酸カセット、並びにその製造方法、およびその酵母が得られる。
技術概要
 
高ショ糖ストレスもしくは冷凍ストレスまたはその双方に対して耐性の酵母を製造するための核酸カセットであって、高ショ糖ストレスもしくは冷凍ストレスまたはその双方により誘導されるプロモーター、およびそのプロモーターの下流に作動可能に連結された酵母のARO1遺伝子、BUD23遺伝子、PMR1遺伝子、SNF5遺伝子、GON7遺伝子、SPT20遺伝子、CBS2遺伝子、もしくはDBF2遺伝子をコードするポリヌクレオチドまたはその5’末端フラグメント、あるいはそれらの組合せを含む核酸カセットであり、また、酵母中に核酸カセットを導入する工程を包含する高ショ糖ストレスまたは冷凍ストレスに対して耐性の酵母を製造する方法、およびその核酸カセット含むサッカロミセス・セレビシエの酵母である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
希望譲渡先(国内) 【否】 
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 平成10年6月29日付特総第1173号特許庁長官通達「特許権等契約ガイドライン」に基づき、案件ごとに協議のうえ決定。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT