カラー電子ホログラフィ表示装置

開放特許情報番号
L2009002820
開放特許情報登録日
2009/4/24
最新更新日
2015/8/20

基本情報

出願番号 特願2007-217079
出願日 2007/8/23
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2009-053234
公開日 2009/3/12
登録番号 特許第4894046号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 カラー電子ホログラフィ表示装置
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 カラー電子ホログラフィ表示装置
目的 装置を小型化しつつ、3色の光のそれぞれの参照光や共役光が漏れることなく、色ずれや歪みの生じることのないカラー電子ホログラフィ像を表示することができるカラー電子ホログラフィ表示装置を提供する。
効果 装置を小型化しつつ、3色の色光のそれぞれの参照光や共役光が漏れることなく、色ずれや歪みの生じることのない、すなわち、不要光を除去して見やすくしたカラー電子ホログラフィ像を表示することができる。また、第1及び第2光学系に色光を反射させる凹面鏡を用いることで、従来のホログラムパターンをそのまま用いて、不要光を除去して見やすくしたカラー電子ホログラフィ像を表示することができる。
技術概要
図1は、カラー電子ホログラフィ表示システム(カラー電子ホログラフィ表示装置)のブロック図である。カラー電子ホログラフィ表示システムSは、カラーホログラム光発生装置(カラーホログラム光発生手段)10と、カラー不要光除去光学系(カラー不要光除去手段)20とを備える。カラー電子ホログラフィ表示システムSは、カラー電子ホログラフィ像を表示する際に、カラー不要光除去光学系を介すことでカラー電子ホログラフィ像に含まれてしまう不要光(共役光、参照光)を除去して表示する。カラーホログラム光発生装置10は、赤緑青の3色光源で、それぞれの色に対応するホログラムパターンが表示されたホログラム表示デバイスを照射し、得られた3色のホログラム光を光学的に合成して、カラー電子ホログラフィ像を表示する。カラー不要光除去光学系20は、カラーホログラム光発生装置10で発生された3色のホログラム光から不要光を除去する。図2はカラーホログラム光発生装置の概略図、図3はカラー不要光除去光学系の概略図、図4はカラー電子ホログラフィ表示システム(カラー電子ホログラフィ表示装置)の動作を示したフローチャート、である。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT