車両用協調回生ブレーキシステム

開放特許情報番号
L2009002810
開放特許情報登録日
2009/4/24
最新更新日
2010/4/23

基本情報

出願番号 特願2007-099111
出願日 2007/4/5
出願人 松野 功
公開番号 特開2008-254586
公開日 2008/10/23
登録番号 特許第4088802号
特許権者 松野 功
発明の名称 車両用ブレーキ装置
技術分野 輸送、機械・加工
機能 機械・部品の製造、安全・福祉対策、制御・ソフトウェア
適用製品 自動車用ブレーキ装置
目的 エンジン負圧を必要としない倍力装置であり、協調回生ブレーキ機能、更にはブレーキバイワイヤ機能も可能にする。
効果 現状の負圧ブースターに置換できるコストで、高機能なブレーキシステムを構築できる。
技術概要
主要電装部品を1モーターにて構成する倍力装置をもって、協調回生、さらにはブレーキバイワイヤ機能をも達成できる車両用ブレーキシステム。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
対価条件(一時金) 【要】 
特許権実施許諾 【可】
対価条件(一時金) 【要】 
対価条件(ランニング) 【要】 

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 協調回生ブレーキ機能
改善効果2 ブレーキバイワイヤ機能
改善効果3 優れたコストパフォーマンス
アピール内容 パワーステアリングは油圧式から電動式への置換が急速に進んでいます。 ブレーキ倍力装置はエンジン負圧依存の負圧ブースターのままです。 今後、クルマはハイブリッドカー、フューエルセル(FCV)、電気自動車にシフトします。 同時にブレーキ倍力装置も脱負圧が求められます。 本発明はモーター直動式倍力装置であり、協調回生機能、ブレーキバイワイヤ機能も達成できるものです。

登録者情報

登録者名称 松野 功

その他の情報

その他の提供特許
登録番号1 特許第3976064
登録番号2 特許第3976066
登録番号3 特開2008−260351
登録番号4 特開2008−290467
登録番号5 特開2008−213688
その他 6件以上 【有】
関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT