樹木の樹体ジョイント仕立て法

開放特許情報番号
L2009002755
開放特許情報登録日
2009/4/17
最新更新日
2017/5/29

基本情報

出願番号 特願2005-079029
出願日 2005/3/18
出願人 神奈川県
公開番号 特開2005-304495
公開日 2005/11/4
登録番号 特許第4895249号
特許権者 神奈川県
発明の名称 樹木の樹体ジョイント仕立て法
技術分野 食品・バイオ、生活・文化
機能 その他
適用製品 樹木
目的 果樹において早期に成園化と多収穫可能な仕立て法を提供する。
効果 果樹の早期成園化、果樹の早期多収穫を可能にすることができる。
技術概要
果樹(ナシ及びウメ)において、主枝の先端部を一方向に水平に誘引し、水平になった主枝先端部を同一の方向に向かう隣接する樹木の主枝の基部と接ぎ木することにより、樹木を連続的に連結する技術
イメージ図
実施実績 【有】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 神奈川県

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT