超音波距離センサシステム及びこれを用いた超音波距離センサ

開放特許情報番号
L2009002693
開放特許情報登録日
2009/4/10
最新更新日
2013/2/18

基本情報

出願番号 特願2008-064983
出願日 2008/3/13
出願人 国立大学法人山梨大学
公開番号 特開2009-222445
公開日 2009/10/1
登録番号 特許第5163194号
特許権者 国立大学法人山梨大学
発明の名称 超音波距離センサシステム及びこれを用いた超音波距離センサ
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 超音波距離センサシステム及びこれを用いた超音波距離センサ
目的 単一のセンサで幅の広い測定レンジを有しながらも、近距離の物体の高い頻度での測距を実現する。
効果 短距離対象物は周期の短い送信信号パターンを使用することにより高い測定頻度での測距が可能となり、それと同時に、周期の長い送信信号パターンにより、遠方の対象物の測距も可能となる。
技術概要
超音波を送波し対象物からの反射波を受信して対象物までの距離を検知する超音波距離センサシステムは、対象物に超音波を送信する送信素子と、送信素子に駆動信号を出力する駆動回路と、対象物からの反射波を受信する受信素子と、受信素子からの信号により対象物との間の距離を検出する信号処理回路とを備え、信号処理回路は、複数の送信パターンに基づいて送信波を形成し、複数の送信パターンと受信素子からの信号の相関に基づき対象物までの距離を算出する手段を備える。複数の送信パターンは、第1の送信パターンと、当該第1の送信パターンよりも周期が短い第2の送信パターンとを含む。特性の異なる複数の送信信号パターンを重ね合わせて送信信号として出力し、その反射波と各送信信号パターンとの相関値演処理を独立して行うことにより、単一の超音波センサ上で、測定レンジの異なる測距処理が同時に並行して行うことができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT