音場再現装置

開放特許情報番号
L2009002588
開放特許情報登録日
2009/4/10
最新更新日
2009/4/10

基本情報

出願番号 特願2001-283313
出願日 2001/9/18
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2003-091293
公開日 2003/3/28
登録番号 特許第4226238号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 音場再現装置
技術分野 電気・電子
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 音場再現装置、サラウンド音声制作
目的 簡単な操作で、音声をリアルタイムに変化させ、臨場感の高い再生を実現することが可能な技術の提供。
効果 煩雑な操作をすることなく音響信号をリアルタイムに変化させた臨場感の高い音場を再生することができる。
技術概要
この技術では、音場再現装置は、発音体の音響信号を入力する一つの信号入力手段を備えると共に、一つの信号入力手段から入力した音響信号を2分配する2分配手段を備え、2分配手段により分配した一方の音響信号を3以上のチャンネルの音響信号に分配し、仮想空間内に配置する発音体の位置座標と仮想空間に対して設定する視点位置とに基づいて、それぞれの音響信号のレベルを制御する直接音処理部を備える。また、2分配手段により分配した他方の音響信号を3以上のチャンネルの音響信号に分配し、分配されたそれぞれの音響信号に基づいて3以上のチャンネルの仮想空間での残響音信号を生成する反射音処理部を備え、反射音処理部からの3以上のチャンネルの残響音信号と直接音処理部からのレベルの制御した3以上のチャンネルの音響信号とを合成し3以上のチャンネル毎の再生信号を生成する手段を備え、3以上のチャンネル毎の再生信号が供給され音場を再現する3個以上のスピーカを備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT