ディジタル信号受信装置、及びディジタル信号受信システム

開放特許情報番号
L2009002580
開放特許情報登録日
2009/4/10
最新更新日
2009/4/10

基本情報

出願番号 特願2001-165533
出願日 2001/5/31
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2002-359610
公開日 2002/12/13
登録番号 特許第4199436号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 ディジタル信号受信装置、及びディジタル信号受信システム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 ディジタル信号受信装置、ディジタル信号受信システム
目的 受信した信号の誤りを減少させることを可能とするディジタル信号受信装置、及びディジタル信号受信システムの提供。
効果 受信した信号の誤りを減少させることが可能となる。更に、ディジタルストリームがアンテナ出力と比較して、低周波であるため、復調部からストリーム合成部までの長距離伝送が容易となる。
技術概要
この技術では、ブロック誤り訂正符号を用いて伝送されるディジタル信号を受信するディジタル信号受信装置は、複数のアンテナと、複数のアンテナで受信されたディジタル信号を復調して複数のディジタルストリームを作成する複数の復調部を有すると共に、複数のディジタルストリームを同期させるストリーム同期部を有する。また、複数のディジタルストリーム間で同期するブロックにおいて、複数の復調部に予め参照順序を設けておき、ある復調部で誤りを含む際に次以降の復調部を参照していき、誤りを含まないブロックが存在する場合、誤りを含まないブロックを選択し、複数の復調部の全てで誤りを含まないブロックが存在しない場合、特定の復調部で復調されたブロック、前のブロックを出力した復調部から出力されたブロック、及び各復調部より出力されたディジタルストリームにおいて誤りのあるブロックが含まれる割合を各復調部毎に求め、割合が最も低い復調部から出力されたブロックのうち、いずれかを選択して、一連のディジタルストリームを作成するストリーム合成部を有する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT