映像・音声検索装置

開放特許情報番号
L2009002548
開放特許情報登録日
2009/4/10
最新更新日
2009/4/10

基本情報

出願番号 特願2000-242371
出願日 2000/8/10
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2002-056006
公開日 2002/2/20
登録番号 特許第4172904号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 映像・音声検索装置
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 放送、通信、VTR、ビデオディスク、コンテンツ、映像・音声検索装置
目的 映像や音声に対して何らかの信号処理を施したり、映像や音声に関するキーワード等の内容を記述した文字情報を新たに人手により作成したりする必要のない新規な映像・音声検索装置の提供。
効果 コンテンツ内の映像や音声を検索する際に、映像および音声に対して何らの信号処理を施す必要がなく、また、映像や音声に関するキーワード等の内容を記述した文字情報を新たに人手により作成することも必要としないで映像インデックスを作成することができ、所望の映像や音声の検索が可能となる。
技術概要
この技術では、映像・音声検索装置は、映像及び音声と同期をとるための時刻情報と字幕データを抽出する手段を備えると共に、抽出した時刻情報から、字幕文データを映像に同期して提示するタイミングを表す時刻の情報を提示タイミング情報として検出する手段を備え、抽出した字幕データから、字幕文の色情報を抽出し、抽出した色情報に関連付けた映像内の話者の役柄を特定する話者の役柄情報を生成する手段を備え、字幕データを抽出する際に、映像における画面上の字幕文の提示位置を抽出し、抽出した提示位置に最も近い画面内の話者の画面上における登場位置を検出し、検出した登場位置の情報を話者の登場位置情報として生成する手段を備え、字幕文に用いる表音文字以外の記号文字によって、抽出した字幕文の種類を判別し、判別した字幕文の種類の情報を字幕文の付加情報として生成する手段を備える。また、映像及び音声の情報を記録する映像・音声蓄積手段を備え、映像及び音声の情報に関連付けた字幕データと生成した提示タイミング情報とを、字幕情報としての話者の役柄情報、話者の登場位置情報、及び付加情報とリンクした状態で記録する字幕情報蓄積手段を備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT