組換えDNA分子作製法

開放特許情報番号
L2009002456
開放特許情報登録日
2009/3/27
最新更新日
2012/7/27

基本情報

出願番号 特願2007-508010
出願日 2005/3/17
出願人 国立大学法人佐賀大学
公開番号 WO2006/098040
公開日 2006/9/21
登録番号 特許第4961563号
特許権者 国立大学法人佐賀大学
発明の名称 組換えDNA分子作製法
技術分野 食品・バイオ
機能 その他
適用製品 組換えDNA分子
目的 酵母シャトルベクターでない一般的なベクターに、パン酵母を用いたin vivo相同組換え法によってDNA断片のクローニングする方法を提供する。
効果 目的DNAのクローニング及びシャトルベクター同時構築のために、市販のベクター又は独自に開発されたベクターの多くに適用できる点で極めて有用である。
技術概要
 
シャトルベクター用の2組の複製起点及び選択マーカーを含むプラスミドは、一の微生物において機能する第一の複製起点と選択マーカーとの間に、他の微生物において機能する第二の複製起点及び選択マーカーが組み込まれたプラスミドである。プラスミドにおいて、一の微生物としては大腸菌が挙げられる。大腸菌において機能する複製起点としては、例えばPUC起点、ColE1起点、pBR322起点、pACYC起点、pSC101起点、f1起点、M13起点、BACベクターの起点、PACベクターの起点、及びコスミドベクター起点からなる群から選択されるいずれかのものが挙げられ、選択マーカーとしては、例えばAmp↑r、Tet↑r、Cm↑r、Km↑r、Spc↑r、Hyg↑r、Gm↑r、Rif↑r、Zeocin↑r、及びBlasticidin↑rから選択されるいずれかのものが挙げられる。また、このプラスミドにおいて、他の微生物としてはサッカロマイセス・セレビシアエなどの酵母が挙げられる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT