放射計

開放特許情報番号
L2009002451
開放特許情報登録日
2009/3/27
最新更新日
2012/2/17

基本情報

出願番号 特願2007-098373
出願日 2007/4/4
出願人 国立大学法人佐賀大学
公開番号 特開2008-256506
公開日 2008/10/23
登録番号 特許第4893952号
特許権者 国立大学法人佐賀大学
発明の名称 放射計
技術分野 電気・電子
機能 検査・検出
適用製品 放射計
目的 受光部を回転可能にする機械機構を不要とし、同一地点での多方向の放射量を計測することができる放射計を提供する。
効果 略全球面に対して光ファイバーの端部を外向きに配設し、光ファイバーへの入射光をグレーティングを介して光ファイバー毎に2次元CCDアレイで計測するので、検出部であるファイバーボール自体を計測時に機械的に動かすことなく色々な方向の放射量を計測することができる。
技術概要
複数の光ファイバー11と、光ファイバー11の一方の端部を放射状に外表面に2次元配置した半球状のファイバーケース12と、各光ファイバーの他方の端部からの光信号を信号処理系に適した信号にする光検出器42とを備え、光ファイバー11の一方の端部は、ファイバーケース12の半球の中心位置から光ファイバー11の一方の端部が配設されたファイバーケース12の半球外表面上の位置への方向を向いて配置される放射計である。ファイバーケースは、光ファイバーの一方の端部毎に光ファイバーの一方の端部の向きに略円形状の孔となるファイバーホールが形成され、ファイバーホールは、光ファイバーの一方の端部面の中心点から見てファイバーホールの径が太陽視直径となるように形成する。光検出器からの出力信号により求められた分光放射輝度から、太陽直達、散乱、周縁光、水蒸気量、オゾン全量、全大気・水蒸気・オゾン・空気分子・エアロゾルの光学的厚さ、エアロゾル複素屈折率、粒径分布、気温・湿度・気圧の鉛直分布の少なくとも1つを算出する演算部と、演算部からの算出結果を受け取って表示する表示部を備える。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT