カリックス[4]アレ―ン重合体、その製造方法およびこれを使用した2価鉛イオンの分離方法

開放特許情報番号
L2009002415
開放特許情報登録日
2009/3/27
最新更新日
2009/3/27

基本情報

出願番号 特願平11-165219
出願日 1999/6/11
出願人 佐賀大学長
公開番号 特開2000-351834
公開日 2000/12/19
登録番号 特許第3066499号
特許権者 国立大学法人佐賀大学
発明の名称 カリックス[4]アレ―ン重合体、その製造方法およびこれを使用した2価鉛イオンの分離方法
技術分野 有機材料、無機材料
機能 材料・素材の製造、環境・リサイクル対策、安全・福祉対策
適用製品 簡便な操作で実施でき、環境中から有害金属の除去、電気・電子材料用の高純度金属製造等の分野で広く利用される。
目的 鉛イオンに対して優れた選択性を有し、調製が容易で、安価な吸着剤を開発して、鉛イオン含有水溶液から鉛イオンをより効率的に分離・除去・回収する方法を提供する。
効果 カリックス[4]アレーン重合体を吸着剤として使用すれば、例えば、亜鉛めっき液のように大量の亜鉛イオンの中に微量の鉛イオンを含有する液中からその微量の鉛を分離・除去することができる。
技術概要
式(1)を繰り返し単位とするカリックス[4]アレーン重合体である。尚、カリックス[4]アレーン重合体よりなる吸着剤を作製し、また、2価の鉛イオンを包接した、カリックス[4]アレーン重合体よりなる包接化合物を作製する。また、式(2)で表されるカリックス[4]アレーン、トリオキサン及び酢酸を混合して加熱攪拌し、これにさらに硫酸及び酢酸の混合物を加えて、再度加熱攪拌し、冷却後、炭酸水素ナトリウム水溶液を加えて、析出させることにより、カリックス[4]アレーン重合体を製造する。更に、カリックス[4]アレーン重合体を2価鉛イオンの吸着剤として使用することにより、2価鉛イオンの分離を行う。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT