昇降式収納装置

開放特許情報番号
L2009002373
開放特許情報登録日
2009/3/27
最新更新日
2011/3/4

基本情報

出願番号 特願平10-286245
出願日 1998/10/8
出願人 パナソニック株式会社
公開番号 特開2000-106958
公開日 2000/4/18
登録番号 特許第4115602号
特許権者 松下電器産業株式会社
発明の名称 昇降式収納装置
技術分野 生活・文化
機能 環境・リサイクル対策
適用製品 高所、収納物の出し入れ、開閉自在、ラック
目的 昇降式収納装置は、ラック体の把手がキャビネットの中にあり、キャビネットの上端が床から2.4メートルの通常高さに取り付けられている場合でも、身長が150センチメートル以下の人は把手に手が届きにくく、せっかくラック体が昇降できる収納装置であるのに使用できなかったり、ラック体の出し入れ作業がやりにくいということの改善。
効果 収納キャビネットと、この収納キャビネットに設けたラック体と、ラック体を昇降自在に支持する昇降支持装置と、ラック体が収納キャビネットに収まっている時、収納キャビネットの下端よりも低い位置に把手を備えているため、身長が低い人でも把手に十分手が届き、ラック体の出し入れをしやすくでき高所収納の出し入れ作業を楽にすることができる。
技術概要
この技術は、前面に開口部を有する収納キャビネットと、リンク機構からなる昇降支持装置を介して前面開口部から前記収納キャビネットに出入され、かつ円弧状に昇降動作されるラック体と、収納キャビネットの前面開口部下方を開閉するようにラック体に設けられた板体と、この前面開口部にあって板体による開閉部位より上方部位を開閉する扉体とを具備し、板体からは、ラック体収納状態で収納キャビネットの下端よりもさらに下位に位置する把手を前面へ突設したものである。したがって、収納キャビネットの下端よりも低いところに把手が位置することとなり、身長が低い人でも把手に十分手が届き、ラック体の出し入れがしやすくなり、その結果、背丈が低い人も高所収納の出し入れ作業を楽にすることができる。板体の幅を収納キャビネットの前面開口部の横幅よりも大きく設定しておけばラック体の収納変位時のストッパーとしても利用できる。また、扉体とラック体を連動機構を介して連動させておけば、操作的には一動作ですみ、使い勝手が向上する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT