ナノ精度のポリピロール超薄膜で均一に被覆されているカーボンナノチューブ

開放特許情報番号
L2009002280
開放特許情報登録日
2009/3/27
最新更新日
2015/10/7

基本情報

出願番号 特願2007-004956
出願日 2007/1/12
出願人 独立行政法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2008-169091
公開日 2008/7/24
登録番号 特許第5224434号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 ナノ精度のポリピロール超薄膜で均一に被覆されているカーボンナノチューブ
技術分野 無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 ナノバイオセンサ、ナノエレクトロニクス・デバイス、電池
目的 ナノ精度のポリピロール超薄膜で均一に被覆されているカーボンナノチューブの提供、及び、そのようなポリピロール層で被覆されているカーボンナノチューブの製造方法の提供。
効果 本技術の、ナノ精度のポリピロール超薄膜で均一に被覆されているカーボンナノチューブは、ナノエレクトロニクス・デバイスに扉を開くものである。又、本技術の製造方法は、簡単で、(被覆層の厚みを)変えられる化学的方法である。それゆえ、これにより、ナノ精度のポリピロール超薄膜で均一に被覆されているカーボンナノチューブを容易に製造できる。
技術概要
この技術では、前駆体(モノマー)としてピロールを用いてカーボンナノチューブを被覆することを試みた。幅広い濃度のピロールと幾つかの機能化カーボンナノチューブを試み、そして、ピロールの濃度は非常に低い濃度(mMのレベル)にするべきであることを掴んだ。第一に、本技術は、ナノ精度のポリピロール超薄膜で均一に被覆されているカーボンナノチューブを提供する。即ち、ナノ精度のポリピロール超薄膜で均一に被覆されているカーボンナノチューブの製造方法であって、カーボンナノチューブを濃硝酸中、高温条件下に処理して機能化する。次に、得られた機能化カーボンナノチューブ(CNTox)を所定濃度となるように精製水に分散する。次に、2−プロパノールに溶かしたピロールを、所定のピロール濃度に達するまで加え、続いて過硫酸塩を加え、これを混合する。そして、得られた個々のポリピロール被覆カーボンナノチューブ(固体)を分離し、乾燥する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT