スクリュー付き泳具

開放特許情報番号
L2009001897
開放特許情報登録日
2009/3/14
最新更新日
2012/7/30

基本情報

出願番号 特願2006-352615
出願日 2006/12/27
出願人 国立大学法人鹿屋体育大学
公開番号 特開2008-161341
公開日 2008/7/17
登録番号 特許第4945754号
特許権者 国立大学法人鹿屋体育大学
発明の名称 スクリュー付き泳具
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 泳具
目的 身体の中で最も大きなパワーを発揮する脚力を運動用のエネルギーとして蓄積し、運動エネルギーとして安定的に取り出し、スクリューの回転により身体の推進力を得ることのできる、スクリュー付き泳具の提供を目的とする。
効果 足首の先に係止したワイヤーを、両足同時屈伸運動又は左右交互踏み足運動により、引張って、身体の中で最も大きなパワーを発揮する脚力を運動用のエネルギーとしてエネルギー貯留部に蓄積するようにし、かつ、エネルギー貯留に蓄積した運動エネルギーを安定的に取り出して、スクリューを回転させることができ、抵抗の少ない安定した姿勢で身体を推進させることができ、これによって安定した水中活動、水中作業を実施することができる。
技術概要
スクリュー泳具は、回転軸回転機構部、エネルギー貯蔵部、スクリュー推進機構部を備える。 回転軸回転機構部は、足首より先にワイヤーの一端を係止し、両足同時屈伸運動又は左右交互踏み足運動による、ワイヤーの引張り力により回転軸を一方向に回転させる。 エネルギー貯蔵部は、回転軸の一方向への回転により、例えばゼンマイバネを巻くことにより動力エネルギーを蓄積する。 スクリュー推進機構部は、エネルギー貯蔵部から供給される動力エネルギーにより身体の腰部付近に配置されるスクリューを回転させ、スクリューの回転により身体の推進力を得る。 回転軸回転機構部、エネルギー貯蔵部、スクリュー推進機構部は、身体の腰部に装着される腰部ベルトに取付けられている。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT