水準機能付定規

開放特許情報番号
L2009001893
開放特許情報登録日
2009/3/14
最新更新日
2009/3/14

基本情報

出願番号 特願2006-220222
出願日 2006/8/11
出願人 国立大学法人 鹿児島大学
公開番号 特開2008-044164
公開日 2008/2/28
発明の名称 水準機能付定規
技術分野 生活・文化、その他
機能 検査・検出、その他
適用製品 黒板や白板に水平線や垂直線を引く定規。
目的 黒板や白板に水平線、垂直線を簡単に、かつ正確に引くことの出来る水準機能付定規を提供すること。
効果 水準器、取手を備えており、可撓性を有する透明な材料製であるので容易且つ的確に線を引くことが出来る。また、使い勝手に優れている。
技術概要
水準機能付定規は長尺板状部材で作られた定規本体に直交する一対の水準器を搭載している。水準器の一方は定規本体の線を引く時に使う面に平行に、他方は垂直に搭載する。 また、定規本体の所定の位置に取手を備えている。 定規本体の材料は可撓性があり、透明な材料である。定規本体は伸縮自在な構造である。可撓性があるので湾曲面にも正確に直線を引くことが出来る。透明な材料であるので作業面上の文字等も透けて見えて使い易い。水準器の別の形として、着色液体の封入され表面に角度の目盛りの設定された円盤状の水準器があり、斜線も正確に引くことが出来る。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT