真空断熱材、および真空断熱材を用いた冷蔵庫

開放特許情報番号
L2009001832
開放特許情報登録日
2009/3/14
最新更新日
2009/3/14

基本情報

出願番号 特願2002-165814
出願日 2002/6/6
出願人 松下冷機株式会社
公開番号 特開2004-011756
公開日 2004/1/15
登録番号 特許第3513143号
特許権者 パナソニック株式会社
発明の名称 真空断熱材、および真空断熱材を用いた冷蔵庫
技術分野 電気・電子、機械・加工、繊維・紙
機能 加熱・冷却、材料・素材の製造、機械・部品の製造
適用製品 真空断熱材、真空断熱材を用いた冷蔵庫
目的 家電製品の省エネルギー化は緊急に取り組むべき課題となってきている。この解決方法の一つとして、無駄な熱の授受を防ぐ目的での真空断熱材の使用がある。断熱材の熱伝導率低減方法として、繊維による伝熱を抑制するため、断熱材を構成する繊維を伝熱方向に対して垂直に配向した技術がある。しかしながら、繊維を伝熱方向に垂直に積層しただけでは、繊維を伝わる熱が存在してしまうために固体熱伝導率が大きくなり、真空断熱材において初期熱伝導率の低減に限界があった。この技術は、初期熱伝導率をも低減した真空断熱材を提供する。
効果 真空断熱材の芯材において、固体熱伝導率を下げる改善をしたことにより、初期熱伝導率の低減が達成された。この真空断熱材を冷蔵庫に適用し、優れた熱伝導率を持つ真空断熱材を外箱と内箱とからなる空間に配置し、残りの空間に発泡断熱材を充填することにより、断熱性能に優れた省エネルギーの冷蔵庫を提供することができる。
技術概要
この真空断熱材は、繊維の配向方向が伝熱方向に対して垂直な無機繊維からなる芯材と吸着剤とを外被材内に減圧密封した真空断熱材で、この芯材は、バインダーを使用して無機繊維を乾式法により加熱加圧形成したもので、加熱加圧により芯材の密度が270〜500kg/m↑3となっており、長さが100μm以下の短い繊維を40〜70%含有する。真空断熱材の芯材として、繊維を伝熱方向に対して垂直に配向するだけでなく、長さが100μm以下の短い繊維を40〜70%含有させることにより、繊維を伝わる熱を途切れさせ、固体熱伝導率を低減したものである。また、冷蔵庫として、外箱と、内箱と、外箱と内箱によって形成される空間に充填された発泡断熱材とを備え、この空間の外箱または内箱のいずれか一方の壁面に、この固体熱伝導率を低減した真空断熱材を用いることで、冷蔵庫の断熱性能を向上することができる。図は、真空断熱材の断面図、芯材の光学顕微鏡写真および冷蔵庫の本体部分の断面図である。
イメージ図
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】   
Copyright © 2018 INPIT