コミュニケーション方法およびプログラム

開放特許情報番号
L2009001663
開放特許情報登録日
2009/3/14
最新更新日
2017/8/4

基本情報

出願番号 特願2003-301759
出願日 2003/8/26
出願人 富士通エフ・アイ・ピー株式会社
公開番号 特開2005-071177
公開日 2005/3/17
登録番号 特許第4252863号
特許権者 富士通エフ・アイ・ピー株式会社
発明の名称 コミュニケーションサーバ、コミュニケーション方法およびプログラム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 コミュニケーションサーバ
目的 相談者や助言者に話題毎に仮想IDを付与し、相談者には相談内容や助言の公開/非公開の権限を与え、迷惑発言やメールの拒否ができるようにするコミュニケーション方法
効果 プライバシー保護上の問題を解決する
技術概要
相談者や助言者に話題毎に仮想IDを付与し、相談者には相談内容や助言の公開/非公開の権限を与え、迷惑発言やメールの拒否ができるようにするコミュニケーション方法
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 プライバシー保護上の問題を解決する
アピール内容 相談者や助言者に話題毎に仮想IDを付与し、相談者には相談内容や助言の公開/非公開の権限を与え、迷惑発言やメールの拒否

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT