新規なプロテアーゼ

開放特許情報番号
L2009001634
開放特許情報登録日
2009/3/14
最新更新日
2009/3/14

基本情報

出願番号 特願平09-333474
出願日 1997/11/18
出願人 東京大学長
公開番号 特開平11-146789
公開日 1999/6/2
登録番号 特許第3118561号
特許権者 国立大学法人東京大学
発明の名称 新規なプロテアーゼ
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 新規なプロテアーゼ
目的 新規なシステインプロテアーゼを提供する。
効果 新規なシステインプロテアーゼ様活性を有する酵素を提供できる。この酵素は、分子量が約26kDaと約29kDaのサブユニットからなる2分子性プロテアーゼである。
技術概要
センチニクバエから得られ、26kDa及び29kDaのサブユニットからなる新規なシステインプロテアーゼ様活性を有する酵素である。配列表の配列番号1、3又は5で示されるアミノ酸配列を有し、システインプロテアーゼ様活性を有する蛋白質である。また、配列表の配列番号2、4又は6で示される塩基配列を有するDNAである。さらに、配列表の配列番号1、3又は5で示されるアミノ酸配列を有する蛋白質からなるシステインプロテアーゼ様活性を有する酵素である。夫々のサブユニットの部分アミノ酸配列を決定するために、2つのサブユニットの分離をおこなった。精製した26・29kDaプロテアーゼを12.5%SDS−ポリアクリルアミドゲル電気泳動にかけ、CBBステインの後、2つのサブユニットをゲルから切り出した。得られた26kDaサブユニットと29kDaサブユニットの純度をSDS−PAGEにより解析した結果を図1に示す。部分ペプチドのアミノ酸配列を自動ペプチドシーケンサーにより決定した。その配列を図2及び図3に示す。
リサーチツールの分類 生体関連物質
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT