生体分子に関する形態及び情報をIS−FETを利用して検出する測定法およびシステム

開放特許情報番号
L2009001492
開放特許情報登録日
2009/3/14
最新更新日
2018/1/5

基本情報

出願番号 特願2006-511311
出願日 2005/3/23
出願人 国立研究開発法人科学技術振興機構
公開番号 WO2005/090961
公開日 2005/9/29
登録番号 特許第4734234号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 生体分子に関する形態及び情報をIS−FETを利用して検出する測定法およびシステム
技術分野 食品・バイオ
機能 検査・検出
適用製品 生体分子に関する形態及び情報をIS−FETを利用して検出する測定システム
目的 簡便に、効率よく生体分子との相互作用を検出するための技術及び、特に、DNAなどの核酸分子を簡便に、効率よく検出する技術を提供する。また、酸化金属と生体分子とを結合させた基板を提供する。
効果 効率よく、簡便に、生体分子の検出を行うことができる。特に、バッチ法で測定をすることができるようになった。また、従来のケイ素酸化物を用いた電極に比べて、感度が良い検出を行うことができるようになった。また、PNAを用いた場合、電気特性の評価の感度が顕著に増加した。
技術概要
生体分子と、非ケイ素酸化物とを含む、ゲート電極、生体分子が固定された、非ケイ素酸化物を含むゲート電極を作製する方法である。この方法は、非ケイ素酸化物を含むゲート電極を提供する工程、非ケイ素酸化物にアミノシラン含有物質を結合させる工程、アミノシラン含有物質と、アミノシラン含有物質のアミノ基と反応し得るクロスリンカーを結合させて中間体を形成工程、中間体に生体分子を結合させる工程、を包含する。非ケイ素酸化物は、酸化金属であり、最適には、酸化タンタル(Ta↓2O↓5)である。生体分子は、非ケイ素酸化物に固定する。非ケイ素酸化物は膜状形態をしており、生体分子は、非ケイ素酸化物膜上に固定される。非ケイ素酸化物と、生体分子とは、シランカップリング剤により結合する。非ケイ素酸化物と、生体分子とは−O−(SiR↓1R↓2)−(CH↓2)↓n−NH(CH↓2)↓m−NH−O−(CH↓2)↓k−O−CH↓2−NH−というリンカーで結合され、式中、n、m、kは、任意の正の整数であり、R↓1、R↓2は、任意の置換基又はリンカーと同じ構造を有する別のリンカーのSi原子である。図は、ゲート電極及びその周辺(半導体素子)の模式例を示す。
リサーチツールの分類 方法・プロセス
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 酸化タンタルのように誘電率の高いゲート絶縁体を用いたISFETは、水溶液中の塩濃度に依存しない安定した動作を示し、測定される電流値の経時による変化が極めて少ないなどの効果がある。
改善効果2 予め核酸などの生体分子を標識することなく、核酸などの生体分子の相互作用(例えば、ハイブリダイゼーション)を簡便に測定することができる。また、FET素子のような半導体を用いることにより、従来の蛍光顕微鏡などの手段を必要とせず、効率よく電気信号としてこれらの相互作用を迅速に測定することができ、臨床検査現場において、簡便かつ迅速な測定を行うことが可能になる。
改善効果3 特に、核酸は、負電荷を有することから、核酸をFETなどのゲート上に固定して負電荷の変化量によって、ハイブリダイゼーションなどの有無の検出を行うことができる。半導体の素子を用いることによって、核酸のハイブリダイゼーション、一塩基多型の検出などの生体分子の形態変化および情報内容の検出を行うことができる。
アピール内容 当ライセンス情報は、独立行政法人科学技術振興機構の『研究成果展開総合データベース(J−STORE)』に掲載中の情報をもとに作成したものです。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT