疾病検査法

開放特許情報番号
L2009001389
開放特許情報登録日
2009/3/14
最新更新日
2009/3/14

基本情報

出願番号 特願2005-221486
出願日 2005/7/29
出願人 学校法人帝京大学
公開番号 特開2007-033410
公開日 2007/2/8
登録番号 特許第4176749号
特許権者 学校法人帝京大学
発明の名称 疾病検査法
技術分野 化学・薬品
機能 検査・検出
適用製品 癌、動脈硬化症、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病、生活習慣病、メタボリックシンドローム、発症予防
目的 酸化ストレスマーカーにも成り、生活習慣病の発症の前段階を示す指標にも成り得る生体物質の提示と、その簡便・迅速な測定法の提供。
効果 動脈硬化症、高脂血症、糖尿病、高血圧症、中心性肥満症、或いは心筋梗塞などの生活習慣病と言った疾病に共通する前段階の代謝異常(メタボリックシンドローム)を、簡単に検査することが出来る。
技術概要
 
この技術では、生活習慣病の発症予防を目的として、疾病の発症に至る共通の前段階状態を検査する方法として、血漿あるいは血清中のコリン型プラスマローゲンとエタノールアミン型プラスマローゲンの含有比を測定する。この方法においては、血漿、血清、及び/又は赤血球膜中のプラスマローゲン含有量を、三ヨウ化物イオン(I↓3↑−)を含む試薬を用いて測定する。又、血漿、血清、及び/又は赤血球膜から抽出した脂質に三ヨウ化物イオン(I↓3↑−)を反応させて脂質成分中のプラスマローゲンにヨウ素(I)を特異的に結合させる段階と、結合物をクロマトグラフィーの手法によりコリン型プラスマローゲンとエタノールアミン型プラスマローゲンとに分別して定量する段階とを有する。また、この方法においては、放射性ヨウ素を用いるものとする。
リサーチツールの分類 方法・プロセス
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
対価条件(一時金) 【要】個別交渉による
特許権実施許諾 【可】
対価条件(一時金) 【要】個別交渉による
対価条件(ランニング) 【要】個別交渉による

登録者情報

登録者名称 学校法人帝京大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT