造血器腫瘍のアッセイ方法

開放特許情報番号
L2009001354
開放特許情報登録日
2009/3/14
最新更新日
2010/3/12

基本情報

出願番号 特願2003-136409
出願日 2003/5/14
出願人 国立大学法人九州大学
公開番号 特開2004-337050
公開日 2004/12/2
登録番号 特許第4441680号
特許権者 国立大学法人九州大学
発明の名称 造血器腫瘍のアッセイ方法
技術分野 生活・文化
機能 材料・素材の製造
適用製品 造血器腫瘍病型を有するモデル動物、薬物の評価方法、スクリーニング方法
目的 造血器腫瘍の治療に有用な薬物をin vivoにおいて適切に評価し得る、この造血器腫瘍患者由来の病的特徴を有するモデル動物、このモデル動物を用いた薬物の評価方法の提供。
効果 造血器腫瘍患者由来の病的特徴を有するモデル動物を提供することができる。このモデル動物を用いて薬物を評価することにより▲1▼新規薬剤の開発と薬剤効果/副作用の比較、さらには▲2▼当該患者にもっとも治療効果を有し副作用を軽減した最適な治療薬を選択することができるため、テーラーメード医療に有用である。
技術概要
この技術は、新生児免疫不全マウスに白血病患者由来の白血病細胞を移植することにより、当該マウス内に患者由来の細胞を生着させることに成功し、完成するに至った。すなわち、(1)造血器腫瘍患者から採取した腫瘍細胞が移植された、当該造血器腫瘍患者由来の病的特徴を有する新生児免疫不全哺乳動物(ヒトを除く)である。(2)上記(1)の新生児免疫不全哺乳動物(ヒトを除く)を飼育してなる免疫不全哺乳動物である。(3)造血器腫瘍患者由来の腫瘍細胞を新生児免疫不全哺乳動物(ヒトを除く)に移植する造血器腫瘍患者の病的特徴を有する動物の作製方法である。
リサーチツールの分類 動物
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 非独占実施権のみ

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT